Nov 29, 2009

Exhibition in Paris パリで展示します!


このところお家にこもって作っていたのはこれ。”まどもわぜる羽子板”…、ようやく先ほど完成しました。これは12月1日−31日までフランスはパリの20区にある本屋さん " Le Merle moqueur"「皮肉屋の黒つぐみ」で行われる展示(クリスマスに向けての雑貨フェア)のための作品です。どんな風に作っていたか、行程をちょっとだけ、お見せしようと思います。

I have almost stayed completely at home these last days, because I was making this! I have just finished. This is a "mademoiselle Hagoita" which is a traditional Japanese racket with which little girls play for new year. But in the Japanese tradition,  Hagoita are used also for decoration. I'll participate to a group exhibition of japanese artists in a bookstore "Le Merle moqueur" in Paris on 1-31 of Dec 2009. I show you how to make Hagoita.


前回の続き。白木の羽子板に紙に転写した古着物(大正〜昭和初期の物中心に集めていた)の端切れをのりで(木工用ボンドを水で薄めた物をはけで紙の方にまんべんなく塗って)貼って、側面部分には赤いリボンでぐるりと貼って(これまた木工用ボンド)いきます。柄の部分は黒いコットンレースを同じくのりで貼って覆います。はい、これで土台の羽子板完成です。

After last time'd episode, I sticked papers which are copies of my vintage kimono's cloths on the wood racket, then I surrounded and sticked with a ribbons in flank of them. And I covered the shaft side with black cotton race. The base is finished!


木工粘土で形を作って乾かしておいた女の子たちに色を塗っていきます。私はいつも顔彩という絵手紙などに使われる絵の具を使っています。基本は日本画の色と同じで色は混ぜずに重ねて色のニュアンスを変化させて行きます。

Then, I painted wood cry girls who are already dried with japanese pigment color.


色が塗り終わったら、モチーフをそれぞれ、木工用ボンド(今度は薄めない)で貼って行きます。そして裏には”さくらびすきゅい、西暦2009年十二月 美千代” とサインを入れて、最後に美&SB(Sakura Biscuit)の印を押して出来上がり。
After painting,  on the reverse side I write my autograph" Sakurabiscuit on December 2009 Michiyo. Finally I put stamps seal Michiyo's"Mi"and Sakurabiscuit's"SB".


羽子板は9枚あったのですが、今回出来上がったのは6枚のみ。でも、私なりに精一杯やりましたよ〜。そして、内職師のようにこつこつ貼った”オリジナルまっち”と”イラストの写真プリント”した物も持って、明日はパリ搬入に出発です!初日は特にパーティとかないそうですが、私は初日の夕方からは居るようにしたいと思っています。みなさん、ぜひ観に来て下さい。他の参加者の作品もどんなものがあるのか、また後日ご紹介して行きたいと思います。

I made six Mademoiselle Hagoitas... and I made original match boxes and photos of my illustrations. I'm going to Paris to bring those. The first evening of exhibition, I 'll be in the bookstore for the opening. Welcome!

51,rue de Bagnolet 75020 Paris
展示期間は12/1-31 年中無休
1-31 of Dec 2009 every day open!


で、ご飯。切羽詰まっていた私のために、同居人F氏が週末のご飯を作ってくれました。”ロティポーク、さつまいも、にんじんとじゃがいも添え。蜂蜜と醤油マスタードソース”。お鍋にさつまいも、じゃがいも、人参の順に並べて(なぜその順番なのか聞いたら、一番上の人参が脂っこくならなくて良いと思うからとの答え)豚肉のロースの固まりににんにくとマスタードを一面に塗って醤油と橋蜜を混ぜたものを肉にまわしかけて、200℃に暖めたオーヴンで1時間半焼いて出来上がり!…だそう。
This week end my boyfriend cooking for me!! because of my busy. this is "le rotir du porc a la patata douce au mielle au soce de soja a la moutarde". It's long name but simply delicious!


いや、これがなかなか晩秋の味覚という感じで美味しゅうございましたよ。べた褒めしたら(でも、真剣で美味しかった。簡単そうだし。私も作ってみよう!)まんざらでも無かった同居人F。”これからの週末のシェフは君に決定!”と言ったら、”いいよ〜。”だって。これが本当なら嬉しいな。

Taste of  the deep autumn. I praise the cook, he was proud. So I said that he could do that every week end? He answered yes. If it's truth, I 'll be very happy.

気に入っていただけたら、それぞれ1クリック頂けると嬉しいです。
1日1回のクリックで投票ポイントが反映される仕組みです。

▼one click please! ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ
▼one click please! ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ふたつのブログランキングに参加しています。

9 comments:

namima said...

かわいい!とくにまんなかの女の子、あったかそう。
字うまいね!そういう字書くの、初めて見たかも。
そして、同居人くんは、さすがオシャレな料理を作るなー。感心。

maururu said...

Bonjour=☆
Tu es vraiment bon cuisinier!!
Où est-ce que tu as appris le plat ?
Le goût de ta Maman ?
Est-ce que tu le prépareras pour moi
la prochaine fois avec michiyo ? (^v^)/

et puis,
Ta calligraphie est une belle oeuvre d'art
de japon (^v^)y

・・・がんばって書いてみた(笑)
間違ってたらごめ〜ん

uno said...

作品とってもすてき!!!
実際にみたかったなぁ〜。
お店に並んだ姿も是非みたいです♪

おつかれさまでした☆

michiyo said...

namimaさん。
コメントのお返事遅くなってすみません。
先ほどパリから帰って来ました。
ありがとう!
字は近くでみると、二度書きしてるのがばれてしまうのよ。筆で書くのは緊張します。
そう、彼はがぜん料理熱が上がって今晩行ったレストランで食べた物が美味しかったのだけど、レストランの人にソースが何で出来ているか質問してましたよ〜。

michiyo said...
This comment has been removed by the author.
michiyo said...

maururuさん。
コメントFが読んで”Non c' est moi qui a inbente"
と言っておりました。

ただ今、パリから帰ってまいりました。
羽子板は壁に掛けられてしまったので、残念な事に買った人しか裏の文字をお見せする事が出来ないのです。
本当は立てて展示してもらうつもりだったのに。

michiyo said...

unoさん
どうもありがとう〜。
無事終わる事が出来ました。
そうだね、私も残念。
生で見てもらいたかったです。
でも、売れなかったら持って帰って来るのでお見せできますよん。売れて欲しいけど、どうなる事やら。
また展示の様子も近々アップしますので、お楽しみに!

miki sakurai said...

美千代さん
こないだは楽しかったよ〜。私は美千代さんと別れた後、ベルヴィルの安服屋で6ユーロのワンピースを買ってしまった。。試着とかしてたら大学に遅刻・・。帰りに、彼にクグロフ渡したら、ビニール袋の内側までシロップでぐちゃぐちゃになってて、大変なことに!紙袋二重にしてもらったのに。(ビニール袋に入れてもらえてよかった。)あれは、買ってすぐに食べるものだね・・。でもおいしかったのでまた買いにいきたいです。
クリスマス日本市の方も、またどうなってるか観に行ってくるね〜〜。売れるといいね♪

michiyo said...

miki sakuraiさん
こちらこそ楽しかった〜。どうもありがとう。クグロフはトランク開けたら、残念な事にぺっちゃんこになっていた〜。でも、美味しかったけどね。フレッド曰くアルザスのクグロフには蜜はかかってないよ。との事、でも、ぱくぱく美味しそうに食べてたけど。展示の方はまだ、しっかり始まらなかったのが、残念。写真も載せたいけど、ちょっとさっぱりした感じでした。ぜひ、また見に行ってきて下され。売れるのかな?