Dec 16, 2009

Winter's meals 冬ご飯


子牛のにくじゃが。先日、ブッフブルギニヨンの出汁(フォンドボー)を取るのために使った子牛の骨付きすね肉と野菜(出汁殻ともいう)。なんと1.5kgほどもありました。なので子牛の骨を外して(何時間も煮た後なので骨がするりと外れる)冷凍保存してありました。それがけっこう便利だったのでご報告!鍋にじゃがいもと人参を切って(お手軽料理なのですぐ煮えるように小さくカット)入れ、ひたひたの水を張って柔らかくなるまで煮て、そこにその子牛肉野菜を入れて、醤油と酒を入れて甘辛く味付けて出来上がり。肉がすでに柔らかいので、ものの10分で出来ちゃった。この日はセロリのお味噌汁と一緒に。沢山あったこの子牛肉野菜、この他にはマッシュルームを足してクリームフレッシュで煮て塩胡椒で味付けした”ブランケットドボー”とピーマンとにんにくと唐辛子を炒めてから子牛肉野菜とトマト缶を足して煮て、スパゲッティーニで食べる”子牛のトマトソースパスタ”もやって、1.5kg全て使い切りました。どれも美味しかったし、インスタント料理って感じにすぐ出来て良かったです。


お友達に誘われて業務用の大スーパーに行きました。ここは個人事業社のナンバーを持っていないと入れないのですが、彼女は自分で食のお仕事をしているので持っています。彼女のサイトはこちら。普段良く行くスーパーはチェーン店でどの店にいっても、いつも同じ物が同じように並んでいて、退屈なのですが。ココに行って久々に私の食いしん坊神経は刺激されまくり!野菜も肉もそして、調味料もヨーロッパ各国の物が揃っていました。何か買って帰りたい気持ちだったので、この日は”イベリコ豚のもも肉の固まり”を買って帰りました。家に帰ってすぐ冷凍庫に肉を放り込んで、待つ事3時間。外側が凍り始めた肉を取り出して、スライサーで半分は薄切りに、残りは少々厚切りにして…これでトンカツを作ってみました。衣は塩胡椒した肉に小麦粉をはたいて、卵をといたものに付けて、パン粉をまぶして油でからりと揚げます。もちろんキャベツの千切りを添えて。結構脂身の混じっている部位だったのでこの日は大根おろしと醤油で頂きました。美味い!脂肪が特に美味しい。薄切りにしたお肉は焼き肉にして、塩と胡麻油で頂きましたよ。これもすごく美味しかったのですが、写真は撮れずじまい。なぜなら、家にはホットプレートもカセットコンロもないので、台所のガスコンロにフライパンのせて、肉を焼きながら、お皿を持って立ち食い。お行儀悪くて、ちょっと絵になりませんでした〜。


”ほうとう鍋…もどき”。中華スーパーで買った”きしめんもどき”。それを使って、冷蔵庫にあった野菜を全て使って味噌煮込みうどん。さといもとサツマイモが入っているのでほうとう風。でもなぜかブロッコリーの茎も入っていたりします。麺はちょっと腰が無くてぶちぶち切れるのですが、味はさっぱりうどんみたいでした。冬はこういうの暖まって良いです。食べていたらおでこに汗がうっすら滲んできました。


先日、パリへ行った時、スーパーで買った”黒ブーダン”。豚の血で出来た黒い腸詰め…見た目は怖いのですが、味はまろやか。これはオランダで売っているの見た事ないです。沸騰させないように中まであつあつになるまで湯がきます。これと”レンズ豆のコロンボ風カレー”とご飯でいただきます。みじん切りにしたにんにくと生姜と玉ねぎを油で炒めて人参、セロリ、トマトも炒め塩胡椒とコロンボカレー粉(以前マルティニック島へ旅行した時に買った)を入れ、水を注ぎ、レンズ豆を入れて柔らかくなるまで煮ます。仕上げにもう一度コロンボ粉を入れて塩気を調節して出来上がり。このごろぐっと寒いので部屋を暖めて、南国を想いながら食べました。フランスはカリブ海にグアドループとマルティニックなど海外県があるので、そちらから来た人々も多く住んでいて、アンティル料理もわりとポピュラーです。食べたら、ますます太陽が恋しくなった。南の島に行きたいよ〜。


この頃、出汁を取るのがお気に入り。鶏のスープ用骨付き肉を買ったのでそれでスープを取って水炊きにしました。残ったスープで翌昼、スーパAH(オランダのチェーンスパー)で見つけた”バミーセルと言う麺と白菜、卵を入れて塩胡椒”で食べた。この麺!日本の乾燥うどんみたいだ。もっちりしていて美味しい。


で、これは”豚足の醤油煮”。一度、一時間くらい湯でこぼした、豚足を水をかえて生姜、酒…がなかったのでカシスリキュールと八角を入れて2時間くつくつ。その後、醤油を加えてまた2時間くらいくつくつ。下湯でした輪切り大根を加え、殻をむいたゆで卵も加えて、火を消し夕方まで放置。そしてまた食べる30分間位前にまた火をつけてくつくつ煮ました。豚足とろとろになりました。
ご飯にのせて豚足丼も美味しいですよ。とにかく、この頃、とろ火で煮込む系の料理ばっかり作っている気がします。だって、部屋が暖まるのだもん。


”赤豆と玄米のココお汁粉”。玄米ご飯のお冷やがあったので。缶詰のキドニービーンズを一度洗ってお鍋に入れ水と椰子糖(黒砂糖より癖が無いけど固まりになって売ってる、中華スーパーで見つけた)とココナツパウダー(ココナツミルクの方が濃厚でいいかも)と玄米ご飯を入れてとろ煮します。これが、アジアンお汁粉といった感じで最近のお気に入り。これもあつあつで冬に美味しい。夏は冷やして食べる(というかすする)のも良いかも。
みなさん、冬ご飯どうされていますか?暖かくして、風邪など召されぬように。もうすぐクリスマスなのですが、食卓はアジアっぽい我が家の冬ご飯でした。

気に入っていただけたら、それぞれ1クリック頂けると嬉しいです。
1日1回のクリックで投票ポイントが反映される仕組みです。

▼one click please! ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ
▼one click please! ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ふたつのブログランキングに参加しています。

3 comments:

uno said...

どれもこれもおいしそう!!
イベリコ豚のトンカツ、ごちそうになりたいわ〜☆
今度はなんかいつもと違うものを買い物したいです。
是非今度一緒にいきましょうね♪

uno said...
This comment has been removed by the author.
michiyo said...

unoさ〜ん。
ぜひ、また誘って下さいな。

イベリコ1kg以上あったはずなのに、なんと2人で3回で食べきっててしまいましたよ。
次回は一緒に食べましょう!